結婚式の種類にも色々ある!?式スタイル解説!

  • -

結婚式の種類にも色々ある!?式スタイル解説!

神前式・仏前式:和風で厳かな形式

神前式はいわゆる「和風」な結婚式のスタイルです。紋付袴に白無垢、三三九度の杯が特徴ですね。本来は神社で行うのですが、現代ではホテルや式場に用意された祭壇で行うことが多いです。花嫁本人が着たいというパターンだけでなく親族がぜひ花嫁に白無垢を着てほしい、という場合もある人気の形式です。神前式ほど知られていませんが仏前式という形式もあります。こちらは仏様、例えばご先祖様の前で誓う結婚式のスタイルとなります。

キリスト教式:やっぱり憧れのチャペルで!

キリスト教式の結婚式はホテルや式場のチャペルで行われます。ウエディングドレスを着てヴァージンロードを歩いたり、ケーキ入刀をしたりなど、日本人が思う「洋風」な結婚式がこちらになりますね。基本的には新郎新婦のどちらかがキリスト教徒でなければならないのですが、ホテルのチャペルで挙げる式は教会で挙げる式と比べるとそういった規則が緩いこともあって、キリスト教徒でなくてもこの形式で結婚式をあげることは多いです。

人前式:最近増えてきたスタイル

神や仏ではなく、家族や参列者といった結婚式の参列者に対して誓うのが人前式というスタイルです。参列者に誓いの言葉を述べ、婚姻届にサインをし、指輪を交換するというシンプルな形式です。伝統的な手法にこだわらないという点で値段を安く抑えることができるのも特徴です。本人同士が納得していればいいので式場だけでなくレストランを貸し切ったり公民館や市民会館で行う人もいます。あまりお金をかけたくないけれど結婚式はあげたいという人におすすめですね。

白金の結婚式場は白金のイメージから、セレブリティな豪華な結婚式場が数多くあります。そのため、豪華で美しいウエディングを執り行うことが可能です。