最愛の人が金属アレルギーだった時指輪はどうする?

  • -

最愛の人が金属アレルギーだった時指輪はどうする?

実は身近な金属アレルギー

最愛の女性との将来を考えて、一生を共にしようとプロポーズすることになったら指輪を用意しなくてはいけません。サイズやデザイン、メッセージを刻印してもらうかなど考えることはたくさん!でも、もし彼女が金属アレルギーで悩んでいたらそのことも考慮してあげなくてはなりません。金属アレルギーは、アレルギーとは無縁の人でもアクセサリーなどから簡単に発症してしまうことがあります。ひどくなると金属が触れている所に炎症が起きてしまうのです。

アレルギーのない指輪を探そう

せっかくの指輪が大切な人の身体にダメージを与えてしまったら申し訳ないですし、もらった彼女もせっかく恋人から渡された婚約指輪を満足につけられないのは辛いはずです。相手を気遣って無理をして指輪をはめ続けて炎症が悪化して皮膚がただれてしまったらお互いとっても辛いですよね。金属アレルギーにならない素材の指輪ならずっとはめ続けることができますよ。特定の金属がだめなのか知りたいなら皮膚科でテストを受けましょう。

どの素材ならいいの?

貴金属ならプラチナとゴールドがアレルギーになりにくい金属だと言われています。ゴールドは海外ではプラチナよりも指輪としては一般的です。リーズナブルな値段の金属の中ではチタンや、サージカルステンレスなどがあります。どちらも宝石店に行って探すよりもその金属の加工品を扱う専門店で直接探した方が品ぞろえも充実しているので、いいデザインの指輪も見つけやすいはずです。サージカルステンレスは医療用器具の素材でもありますから、アレルギーとは無縁ですし、アレルギー体質の子供が触れても安全です。

婚約指輪は別の呼び名でエンゲージリングと言われています。相手との結婚の契りを交わす際のアピールポイントです。